安心して任せられる害獣駆除業者の特徴|害獣駆除の資格を持っている

記事一覧

ハト駆除にトライ

鳩

対処方法は二通りある

野生動物の被害と言えば山間部で多いイメージがありますが、一部の動物に関しては都市部の方が被害が発生しやすくなっています。公園や道端でよく見かける鳩もその一つで、場合によっては生活に深刻な影響を与える害鳥となるので対策が必要です。鳩の被害で最も多いのは糞害ですが、住宅などに巣作りされてしまうケースも良くあります。特にアパートやマンションのベランダが狙われやすく、ベランダで洗濯物を干せなくなる、鳴き声がうるさくて眠れない、などの被害に遭います。こうしたベランダへの鳩の営巣対策として基本となるのは、鳩の飛来を防止する事です。実のところ鳩は鳥獣保護法によって保護されているので、どれだけ被害が発生していようと直接危害を与える様な対策は取れません。具体的には毒餌やトラップなど、ねずみ駆除などで使用される殺処分を前提とした対策は出来ないという事です。飛来防止の方法としては主に二通りあり、鳩除けの効果があるグッズを活用して忌避させる方法と、侵入を物理的に妨害してしまう方法があります。忌避させる方法としては、鳩の嫌がる匂いを発する忌避剤の他、人の耳には聞こえない超音波による撃退方法などが使われます。一方物理的な妨害としては、ベランダの開いた部分を網で覆ったり、手すりなど鳩がとまる場所にワイヤーを張って、足でつかめないようにする方法が一般的です。手軽なのは忌避させる方法ですが、その分効果は限定的と言えます。物理的な妨害は対策のハードルが高くなりますが、正しい知識で行えばかなりの確率で高い効果を発揮します。被害が発生して間もなかったり被害が少なかったりした場合は忌避剤などで対策をとり、被害状況が大きければ物理的な妨害対策をとるようにするのが基本です。