安心して任せられる害獣駆除業者の特徴|害獣駆除の資格を持っている

記事一覧

日本にいるイタチの種類

イタチ

対策をきちんとしよう

イタチ駆除をする場合には、相手の事を知っておかなければいけません。相手の習性を知っていればイタチ駆除の対処法も分かるからです。それでは日本にいるイタチについて見て行きましょう。世界にはイタチは18種類いるとされていて、このうち日本に生息が確認されているのはニホンイタチとチョウセンイタチの2種類です。その他にもイタチの仲間にあたる動物も数種類います。2種類のイタチの違いは主に形と生息地についてです。全長はほぼ同じくらいですが、ニホンイタチのほうがどちらかといえば胴が長く尾が短いです。色はニホンイタチが浅黒いのに対してチョウセンイタチは黄色みがかっています。そして全体的な大きさという点ではチョウセンイタチのほうが大きいです。イタチは森や草原の川辺を中心に生息しますが、チョウセンイタチの方が人間が住む住宅街へも進出しやすい性質を持っています。つまりイタチ駆除の対象となりやすいのはチョウセンイタチということになります。ただし、このイタチの種類によって対処法はそれほどは変わりません。イタチ駆除で重要なのは、家からイタチを追い出して二度と入ってこれないようにする事です。イタチは嫌いな臭いがあり、また強い光が苦手なので、イタチ駆除では忌避剤を撒いたり、ライトを点灯させたりします。そうしてイタチを追い出したら、侵入口を塞ぎます。イタチはどの種類でも3センチほどの隙間があれば出入りできるので、家じゅうをくまなく探して穴を塞ぐのが大事です。